JACCSカードプラチナのメリット・デメリット

Money
この記事は約6分で読めます。

これまでJAL・ANAカードのような航空系カードや、楽天・Amazonカードのようなネットショッピングに強いカード、SPGアメックスのような旅行系カードなど利用してきました。

そして最終的に行き着いたのがJACCSカードプラチナでした。
このカードは高還元率&最低限のプラチナ特典がついたバランスの良いカードです。

なぜこのカードを選んだのか、カードのメリット・デメリットも一緒に紹介していきます。

プロフィール
TYO
TYO

1995年生まれ。2020年に社会人になる。
仕事で海外出張を経験しアメックスが使えないところが多発。

以後自分に合ったクレジットカードを検討中

この記事のポイント
  • JACCSカードプラチナの基本情報
  • JACCSカードプラチナのメリット・デメリット
この記事が役立つ人
  • 高還元率のクレジットカードを探している人
  • ポイントやマイルを貯めるのに疲れた人
  • 海外へ行く機会が多い人

JACCSカードプラチナの基本情報

引用:JACCS
TYO
TYO

まずはJACCCSカードプラチナの基本情報について紹介します。

年会費税込22,000円
国際ブランドMastercardのみ
決済方法Mastercardタッチ決済
Apple Pay
Google Pay
還元率1.5%~2.0%(年間利用額で変化)
月の利用合計額に対して200円につきポイントが貯まる
ポイント利用方法月の利用金額から1pt=1円で値引き
ポイント有効期限2年
利用限度額不明
一時増額可能
家族カード無料
その他特典ETC
年間ボーナスポイント
付帯保険
ラウンジキー(年6回)
Mastercardコンシェルジュ
J’s コンシェル
Taste of Premium

私にとってのJACCSカードプラチナのメリット

人によってクレジットカードに求めるものは異なります。
私の前提条件はこちらになります。

  • 年間利用額300万円以上
  • 日本では〇〇PayやSuicaは使わず、QUICPayかカード払い
  • 海外に行く頻度が多い
  • デビットカードがVISAなのでMastercardが良い

1.国際ブランド

NILSON REPORTの『Global Network Cards in 2019』のグラフを引用します。
このグラフは全世界での各国際ブランドのシェア率を示しています。

各国でシェア率が異なることも気をつけなければなりませんが、
世界中で不便なく利用するにはVISA・UnionPay・Mastercardがベストです。

TYO
TYO

クレジット大国の韓国でさえAMERICAN EXPRESSが使えないことが多々あったのでやはり持つならVISAかMastercardかなあと思いました。

JACCSカードプラチナの国際ブランドはMastercardなので海外でも使いやすいです。

TYO
TYO

中国の決済アプリであるAlipayのTour Passにもチャージ可能です。
また私のデビットカードはVISAなので国際ブランドが被らないのも良い点です。

Mastercardなのでダイニングby招待日和などのTaste of Premiumなども使えます。

2.プラチナの中でも高還元率

単純な還元率で言えば、JACCSカードプラチナは最強です。

年間利用金額に応じて翌年の還元率が最大2.00%までUPします。

TYO
TYO

最低還元率でも1.50%です。十分高いです。

そして年間利用額に応じてJデポも最大10,000円分プレゼントされます。

これらを加味した還元率が以下の表になります。還元率は最大2.33%です。

年間利用金額還元率ポイントボーナス総ポイント実質還元率
100万円1.85%18,5002,00020,5002.05%
200万円1.95%39,0005,00044,0002.20%
300万円2.00%60,00010,00070,0002.33%
400万円2.00%80,00010,00090,0002.25%
TYO
TYO

還元率を上げるにはJACCSカードプラチナをたくさん使うこと。
特定のポイントモールを経由したり、関連サービスを契約する必要がありません!

損益分岐点を気にする方もいるかと思うので紹介しておきますが、
Jデポ込みで年間約110万円決済すれば年会費を回収できます。

3.ポイント付与の仕組み

クレジットカードのポイント付与の仕組みは2種類あります。

  • 1回の会計ごとにポイント付与(SPGアメックスなど)
  • 月間の利用金額でポイント付与(JACCSカードプラチナなど)

下記の表でもわかる通り獲得ポイントが大きく変わります。

JACCSカードプラチナは月間の利用合計金額でポイントが付与されます。

TYO
TYO

そのうえJACCSカードプラチナは200円につきポイントが付与されるので、月1円〜199円しかポイントの取り逃がしがありません!

4.キャッシュバック

1,000ポイント単位で1,000円または1,050円と交換し月間の利用金額から値引きされます。

ポイントは使ってこそ価値があります。
そのなかでもキャッシュバックがポイントを使うハードルが一番低いかと思います。

TYO
TYO

楽天カードやdカードを保有していたことがありますが、
海外に居ると特に期間限定ポイントが使いづらくどちらも解約してしまいました。

還元率2.00%だと50,000円ごとに1,050円キャッシュバック…凄くないですか?

5.ラウンジ・キー

ラウンジ・キープライオリティ・パスの大きな違いは以下の通りです。

プライオリティ・パスの方が便利ですが、

  • カードの枚数は増やしたくない
  • ラウンジキーが使えないようなコアな場所には行かない

ので私はラウンジ・キー派です。

JACCSカードプラチナのラウンジ・キーの内容は以下の通りです。

  • 年間6回まで無料(7回目以降有料)
  • 同伴者は32ドル/回
  • 家族会員も同条件で利用可能
TYO
TYO

家族も無料でラウンジを利用できるので便利です。

私にとってのJACCSカードプラチナのデメリット

たくさんメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

1.旅行保険がゴールド級

海外旅行保険でよく利用するのは傷害・疾病治療費用だと思います。

JACCSカードプラチナは本人は300万円、家族は200万円と物足りません。

TYO
TYO

海外旅行の際は別で保険を契約することをオススメします。

2.家族カードのハードルが高い

生計を共にする同居かつ同姓の配偶者・子ども(高校生を除く18歳以上)・両親に限ります。
(参考:JACCS

つまり海外駐在で単身赴任する場合、家族カードは使えなくなる可能性があります。

まとめ

JACCSカードプラチナのメリットデメリットについて紹介しました。

JACCSカードプラチナはポイント還元率が実質2.33%と高く、ポイントはキャッシュバックで使いやすく、ラウンジ・キーなどのプラチナサービスが付属する高コスパカードです。

高還元率なカードを探している方、海外へ行く機会が多い方はぜひ作ることをオススメします。

ジャックスカードプラチナ
クレジットカードのジャックス公式サイトです。こちらのページでは、プラチナカードの新時代を切りひらくジャックスカードプラチナについてご紹介しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました